薄毛になってから変化した残念なこと

顧客とのやりとりが多い仕事なので、身だしなみにはかなり気を遣っています。そんな私にとって、薄毛が進行している状況はかなり辛いです。特に薄毛なのは頭頂部ですが、周辺の髪の毛を使用して何とか誤魔化している現状です。また、最近は生え際も怪しい状態になっています。
薄毛になってから変化した残念なのは、初対面の顧客から実年齢よりも高く見られるようになったことです。実年齢であれば何も問題ありませんが、何度も高く見られてしまっているので、嫌でも自分が薄毛だとわかってしまいます。髪の毛はないよりもあった方が若く見られやすいので、実年齢に見られるくらいには髪の毛を復活させたいです。厳しいとは思いますが、育毛にチャレンジしているところです。

三十代後半から薄毛が始まりました。

三十代も後半になってきた辺りからつむじの周りが徐々に薄くなり始め、今やすっかりハゲと言える状態までになりました。頭皮マッサージなどをしては見たものの、どうやら私には効果が無かったようで気が付いたら感損に髪の毛が無くなっていました。
ずっとそのことで悩んできました。頭頂部の薄毛ってけっこう滑稽なんですよね。なのでどうにか出来たら良いなと常々思っていたんです。ですが、そんな暇もお金も無かったので放ったらかしでした。
そのせいもあってか、今では髪の毛が生えてくる気配もありません。すでに毛根が無くなってしまったのかも知れませんね。なんですが・・・一応育毛してみることにしました。すでに手遅れ感が強いのですが、ようやく生活に余裕を持てるようになったので本格的に育毛開始してみます。

フィンジアの参考サイト